ニュースと出版物
最高人民法院、最高人民検査院が虚偽訴訟刑事事件の処理に関する司法解釈を公布
2018-12-17 発表者:华诚小編

最近、最高人民法院、最高人民検察院は、共同で「虚偽訴訟刑事事件の処理における法律適用の若干の問題に関する解釈」(以下、「解釈」という)を公布し、同「解釈」は2018年10月1日から施行された。

「解釈」は合計12条からなっており、虚偽訴訟犯罪行為の定義、罪や刑罰を定める基準、併合罪の処罰原則、刑事政策の把握、地域管轄の確定などの面で規定している。「解釈」では、単独で、又は悪意をもって他人と共謀し、証拠の偽造、虚偽の陳述などの手段により、民事法律関係を捏造し、架空の民事紛争をでっち上げ、裁判所に民事訴訟を提起した場合、刑法で規定されている虚偽訴訟犯罪行為と認定すべきで、捏造した事実に基づいて下された仲裁裁決、公証済みの債権執行承諾書(中国語:公証債券文書)の執行を裁判所に申し立て、又は捏造した事実をもって執行の目的物に対する異議を出し、財産配分の執行に参与できるよう申し立てるのは、刑法で規定されている虚偽訴訟の犯罪行為であることなどを明確にしている。また、「解釈」では、虚偽訴訟の刑事事件は虚偽民事訴訟事件を受理する裁判所の所在地、または執行裁判所の所在地にある裁判所が管轄すると規定している。

(出所:最高人民法院)

当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin